雷と雨天の為に 順延された藍ちゃん、第二ラウンドの残り

5ホールを 今朝に 終了した時点で、3バーディー・

1ボギーの70でプレーし、通算 7 アンダーで首位と4打差の

4位で第二ラウンドを 終えた。 暫定7位から 三つ順位を

上げて4位とは、気分も上々だったろう ・・・

これで波に乗ったか、第三ラウンドは 前半のアウトで二つ伸ばすと、後半に 入り一気に

加速を 見せ、10番 (パー5) と11番、更に 13番から3連続バーディを 奪い、8バーディ・

1ボギーの勢いだ! この日のベストスコアに 並ぶ 「65」 を マーク、通算14アンダーで

単独首位に 返り咲いて、2010年大会に 続くタイトル獲得へ王手を かけた。 いいぞぉ~

が、19日の最終日は 安心はできない。 通算13アンダーの単独2位には、この日 一緒に

廻ったヤニ・ツェン選手が、藍ちゃんと同じく 65 でチャージを かけ始めた。 3位タイには

二日目までトップだったカリー・ウェブ選手 (豪州) と実力者である申ジェ選手 (韓国)が

おり 5位タイには 通算11アンダーのエイミー・ヤン選手 (韓国) が続いている。 

そう、6位には 同大会の2007年に優勝しているスーザン・ペターセン選手 (ノルウェー) も

いるしなぁ~ 1位から6位まで、その差 僅か4打差の激戦だ。 振り返ると、2010年が

藍ちゃん、2011年がヤニ選手と、最終日に 優勝を 狙う6人の中に ディフェンディング

チャンピオンが三人もいるんだなぁ~ いやぁ~ 最終日が 一層 楽しみになってきたぞぉ~ 

でも タイという国は、なんてエンターテイメントな国なんだろう ・・・ 毎日 タイ出身の

若い選手が大会を 盛り上げている。 一日目は、23歳のヌマ・ガンヤラナミッタ選手が、

3アンダーで堂々の7位発進だった。 二日目は、22歳のポーナノン・ファトラム選手が、

七つスコアーを 伸ばして、7位タイに入っていた ・・・

そして 三日目は、アマチュアのアリヤ・ジュタヌガン選手が、通算9アンダーの7位タイと

躍進している。 彼女は16歳でジュニアのホープだ! (写真上) 毎日 タイ人選手が7位に

入っているなんて、打合せを しても出来ることではないぜ (笑)。 実力もなければ

できないことだ。 しかも 相手は世界のトッププロだぜ。 これは凄いことだと思う。 

優勝の行方も気になるが、最終日の三人の成績も気になるよなぁ~

ゴルフ用語      今日はお休み

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

   
© 2012 田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! Suffusion theme by Sayontan Sinha