今年に 石川遼君が発足させた 「NPO法人 石川遼ゴルフ振興

事業団」 は 中高生を 対象とした 「Every one Project

第一回 石川遼ジュニア トーナメント」 を 8月1日から

4日まで、石川遼君が監修したという 栃木県のロイヤル

メドウ ゴルフ倶楽部で 行なうと 発表している。 では、どんな監修がされたんだろう?

それは 主にグリーンの改修が中心らしい。 ファンを 大切にする石川遼プロ らしく、

「ギャラリーが見やすいように、グリーン廻りを グリーン面と同じような高さにして、いつも

思っていることですが、プレーが大変見やすくなることにより、ギャラリーにも盛り上がって

貰いたいです。  また グリーンを 大きく分けて3面に区切って、ピンの位置を 切ること

で 戦略性を 高めるなど 自分が これまで経験した良いグリーン、好きなグリーンに改修でき

ればと 思います」 と、こんなコメントを 発している。 ツアーに 忙しい遼君であるので、

父であり、コーチでもある勝美氏と 意見を 交わしながら、勝美氏が同ゴルフ場との窓口に

なっていると聞く。 同ゴルフ場のサイトはここだが 全てのグリーンの改修が完全に

終了するのは今年の末となると言う・・・

人気者の遼君だから、多くのゴルフ場から監修の手助けの声がかかるらしいが、いくら力も

あり 人気者でも まだ 19歳である。 コースの監修なんて、まだ 早いんじゃないかな?

そんな時間があるのなら、練習に精を出して貰いたいものだ、と思うが どうだろう? 

中高生を 対象としたジュニア トーナメントは素晴らしい活動だと思うが・・・

ゴルフ用語   ダウン ブロー (Downblow)

ターフをきちんと取れるアイアンショットの軌道がこれに相当するが、クラブヘッが上から

下に下降する軌道のこと。

 

昨日から 「ゴルフは お金がかかる大人の遊びというイメージが

まだ まだ 強く、ゴルフを 純粋なスポーツと 認識されていない」

と いう話しを している。 が、特に ゴルフを やらない日本人の

ゴルフに対する偏見を 変えているのは、誰かと言うと 石川プロで

あると、最近はつくづく思う。 ご存知だと思うが、今年発足させた

NPO法人 「石川遼ゴルフ振興事業団」 は、中高生を対象とした 「Every one Project

第一回 石川遼ジュニア トーナメント」 を 8月1日から4日まで、栃木県のロイヤル

メドウ ゴルフ倶楽部で 行なうと 発表している。 

これは、自らの名前を 冠したジュニア大会だ。 19歳の しかもプロとして活躍しながら、

このような中高生を 対象に NPO法人を 発足し、ゴルフの素晴らしさを 伝えていく姿勢は、

必ずや 大人のゴルフに対する偏見を 変えると思う。 同法人は、定員は男女42人ずつで

参加費は無料とし、優秀な選手には奨学金の提供も 検討するという。

出場申し込みの詳細は、石川遼の公式サイトなどで公表し、7月中旬まで受付けている。

(同大会への問い合わせは、事務局の電話 03(3474)1302まで)

NPO法人の発足然り、大震災に対する一年間の義援金といい、遼君がゴルフを 通して

いかに社会貢献を しているか、ゴルフを しない人達にも理解できるだろう。

その会場となる栃木県のロイヤル メドウ ゴルフ倶楽部は、石川遼プロが監修したらしい。

その話は明日に・・・

ゴルフ用語   ダウン スロープ (Downslope)

下り斜面のこと。 アドレスした時に左サイドが低くなっており、ボールを右足サイドに

置いて打つ。 ダウンヒル (Downhill) とも言う。

 

3月11日に発生した東日本大地震から100日以上が過ぎ、 

ゴルフ業界も ゴルフ場やゴルフ用品関連など 危機的状況に

あって久しい。 用品業界も 3月の売上げが前年比で三分の

二以下に落ちていたが、ゴールデンウイークを 境に復調

傾向にあると言う。 一時は自粛ムードから買い控えなどが起こり、どうなることかと、

心配も したが、何とか持ちこたえられそうだ。 ヤレヤレである… 

クラブの中ではドライバーの動きが良く、ニューモデルが出れば買い換える、また ボールも

新しいタイプのボールが売れていると言う。 こんな現象は、上級者のゴルファーが完全に

戻ってきている証左だと聞く。 日本では、上級者が まず 踏み出してくれないと、その下の

層が動きづらいらしい。 まだ まだ 日本人はゴルフを 特殊の目で見てしまう・・・

いつだったか、つい最近 民主党の石井一副代表が 訪問先のフィリピンで、ゴルフを して

いたことを 批判され、党の地震対策副本部長を 辞任している。 もし これが他のスポーツ

であったら、何も問われないだろう。 ゴルフは不謹慎という裏には、お金がかかる大人の

遊びというイメージが、まだ まだ 強く、ゴルフも 純粋なスポーツと認識されていないのか。

ましてや、国家公務員倫理規程には、利害関係者とのゴルフを 禁じると、いう文言まで

もが 盛り込んであるそうだから、役職が付いている政治家には容赦しないだろう・・・

この大震災で、在タイ日系企業の日本本社から、ゴルフ・コンペを 控えるようにと、指示が

くるのは 日本ぐらいかも知れない。 この大震災で、改めてゴルフというスポーツが、

いかに 自由でないスポーツであるか、痛感している・・・ 

ゴルフ用語   ダウン スウィング (Downswing)

トップから切り替えして、クラブをボールに対して振り下ろすことをいう。 フォワード

スイング (forward swing) とも言う。

 

うぅ~ 残念だったなぁ~ 我がタイ人プロ ゴルファーである

プラヤド・マークセン選手、最終日を 8位タイのアンダー10で

トップまで5打差でのスタートであったが、アンダー3の6位

タイで終了した。 久しぶりに優勝のチャンスだったのに・・・

でも 最終日二つスコアを 伸ばしていたもの、 よく頑張った

と思う。 頑張ったお陰でご褒美を もらっている (笑)。 

この国内ツアーは 「~全英への道~ ミズノオープン」 と謳われている通り、全英オープン

への出場資格が与えられる日本での予選会も 兼ねていた大会だ。 今大会で上位4人

(有資格者を除く) と、今季の開幕戦から今大会までの賞金ランキング上位2名にその

資格が与えられる。 が、今年は大会の上位にキム・キョンテ、石川遼プロは有資格者の為

マークセン選手がギリギリ6人目となって、彼も全英オープンの出場資格を 貰えたんだ。 

素晴らしいご褒美だな! 下記が日本ツアーからの出場選手となる。

キム・キョンテ(2)   2010年度 日本オープン優勝者、世界ランキング上位50人

藤田寛之(2)     2010年度 日本ツアー賞金ランキング上位2名

石川遼(2)      2010年度 日本ツアー賞金ランキング上位2名

平塚哲二(2)     アジア地区予選会通過者

河井博大(1)    2011年国内男子ツアー賞金ランキング1位

高山忠洋(2)    2011年国内男子ツアー賞金ランキング2位

ハン・ジュンゴン(1)   全英への道~ミズノオープン上位者

ベ・サンムン(1)     全英への道~ミズノオープン上位者

ブラッド・ケネディ(1)   全英への道~ミズノオープン上位者

プラヤド・マークセン(4) 全英への道~ミズノオープン上位者

( )内は出場回数だが、マークセン選手は もう4回も出場しているんだなぁ~ 

 

因みに 25日に紹介した他のプロのミズノ オ-プンの成績は、平塚哲二プロがマークセン

選手と同じ6位タイ、チャワリット・プラポール選手がー5で10位タイ、久保谷健一プロは

ー2で25位アフィバーンラト選手は ー1で30位タイで終わっている・・・

ゴルフ用語    今日はお休み

 

バンコク市内にゴルフ練習場が少ないことも あってか、

小生、一人でも練習代わりに行くゴルフ場がある。 ここは

意外と余り 知られていない。 以前にも紹介したことのある

バンナー ロイヤル タイ ネイビーGC (スクンビット通り) だ。

そして もう一つが ユニコ・グランデGC (フォアマーク) だ。 どちらも 空いていれば

車で市内から20分と近いこと と、グリーンフィが安いことが共通点だ。 よく知人に

言われる… 「一人でラウンドしても、面白くないだろう」 と… しかし 練習場へ

行ったって一人だ(笑)、知人にも何度か言うが、ラウンドすると言うよりも、あくまで

練習のつもりでラウンドしている。 練習場が少ないので、ここではアプローチの実戦的な

練習には、最適な練習の場となる。 が、練習とは言え、バンナー ロイヤル ネイビーは

ショート中心の9ホールを 2ラウンドするので、物足りなくなる。 ついつい しっかり

18ホールある ユニコ・グランデGCへ、自然と足が向く(苦笑)。 1978年のオープンと

言うから33年前になるので、タイのゴルフ場の古さではベスト20には入るだろう。 

2006年にクラブハウスを 全面改装し、生まれ変わってから 随分と混むようになって

しまった。 市内から非常に近い為、朝 練習ラウンド して クラブハウスでスーツに着替え

出勤するタイ人も珍しくない、そんな 洒落たコースでもある。 コースレイアウトは

全体的にフラットな造りだが、ホール脇を 張り巡らされた数多くの小川は 要注意だろう。 

クラブタイランド カードで、平日700バーツ、週末1400バーツでラウンド出来る。 

練習代わり、ぴったりのゴルフ場だ!

ゴルフ用語   ダウン (Down)

マッチプレーで相手に負けている時に、1ホール負ければ1ダウンと言う。

例えば、1ホールの越して2ダウンすれば、負けが決定するが、その場合のスコアを

2 and 1 という。

 

いやぁ~ 三日間もロリー・マキロイの話しを している間に

JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部 (7,317ヤード・パー72) にて

行なわれている ミズノオープン 二日目までで、なんと 我が

タイ人ゴルファー、プラヤド・マークセン選手が大活躍だ! 

-8で一位は小林正則プロだが、-6で二位にキム・キョンテらと マークセンが来ている。

二日目までの順位を 見てみると、5位タイに-5で久保谷健一プロ、11位タイにー3で

我がタイ人ゴルファー、アフィバーンラト選手、平塚哲二プロが入っている。 久保谷健一

プロも 平塚哲二プロも 日本人プロの中では、最も多くタイでラウンドするプロ ゴルファー

なので、どうしても応援したくなる(苦笑)。 それにしてもプラヤド・マークセン選手、

久しぶりにトップ争いに来ている。 何年ぶりだろう? もう45歳になるからなぁ~  

昨日の二日目は 前日よりも強い風で、どのプロでも難敵となったろう…  油断すれば、

グリーン上はおろか、ティーアップしたボールさえ、軽々と運ばれてしまい、たった1、2

ヤードの計算ミスで、ピンチを 招いてしまう。 チャンスにも中々つけられない中で、

昨日は 我慢のゴルフだったようで、よく耐えたと思う。 世界中を 駆け回る45歳だが、

昨日の日本の暑さもなんのその、 「俺は南国の英雄だ!」 こんなこと言っていないが(笑) 

専属キャディの上江洲安秀 (かみえす) さんは、脱水症状気味であったらしいが、ときおり

遅れを 取る相棒キャディを 叱咤激励しながらラウンドしていたらしい・・・

今大会の上位4人には、全英オープンの出場権が待っているぞ! 

頑張れ! マークセン選手! 今日からの決勝ラウンドを 応援しよう!

ゴルフ用語   タイ・ブレーカー (Tie-breaker)

ゴルフ競技で同スコアの人が出た場合 (何らかの方法で順位を決める必要がある時) に

順位を決めること。 もしくは、順位を決める方法。

 

二か月前 ロリー・マキロイが マスターズで優勝か、という

最終日のラスト9ホールで、突如 乱れて敗北を 喫した夜の事だ。

<タイのゴルフに関連ないが、もう一日 誌面を 頂くことを 許して

ほしい。 ほれほど ロリー・マキロイのゴルフは凄かった!>

その日の夜 「何かを 学びさえすれば、負けは必ず勝ちに変わる」 と

電話を かけてきた息子に それだけを 言ったそうだ。 その父の一言がマキロイの何かを

変えたらしい… それまで、あれほど悔しがっていたのに、この言葉で一変したと言う。 

2007年9月、18歳の時に鳴り物入りでプロ転向したマキロイだが、大親友の一人である

グレーム・マクドウェルが、昨年 ペブルビーチでの全米オープンを 制しているだけに

焦りも あったのだろう。 が、父の一言で、素直にマグドウェルに最終ホールでの心境や

心構えのアドバイスを 求めたと言う。 この精神的な成長が、今回の全米オープンで

トップを 守り続けられたのかも知れない・・・ 

マキロイの時代の到来か、というには時期 尚早だと思うが、タイガー・ウッズの後退と、

今大会のマキロイの優勝で、メジャー大会では過去5度続けて 米国勢以外が勝利を

飾ったことで 「米国から欧州」 「中堅から若手」 へというパワーシフトが、大きく加速

した感は否めないだろう・・・ 

22歳のマキロイがメジャー大会を 制したことで、それは後に続く若手達を 更に刺激する。

マキロイはプロ転向から4年掛かったが、16歳でプロ転向した石川に置き換えてみると、

それは20歳の年、つまり今年の9月以降ということになる。 これも非常に楽しみである!

ゴルフ用語   タイト ライ (Tight Lie)

芝のない、もしくは、芝が非常に短く刈られた状態のライ。 適度な長さの芝ではボールが

少し浮き上がるようになるのでボールを打ち易いが、そうしたライに比べるとミスショットが

出やすく、難しいライとされる。

 

タイガー・ウッズが 怪我とプライベート問題で、勝利から

遠ざかり、ここの所 米国勢のメジャーチャンピオンが誕生して

いない。 米国のゴルフファンからブーイングが起きていると

聞くが、北アイルランド出身の22歳のロリー・マキロイには

最終日も 米国人が 大変な声援を 送っていたなぁ~  驚異的なヒーローには、どこの

国籍の者でも 素直に称える、これがアメリカかも知れない・・・ 

世界最高峰の舞台で見せた新星、ロリー・マキロイのプレーに、世界のトッププロたちは

驚きの声を 上げている・・・ ここにメディアから引用させて頂いた賞賛の声を 列記する。

 

メジャー 最多の18勝を 誇る 「帝王」 ジャック・ニクラウスも、彼のメジャー初制覇に

賛辞を 贈った。 「素晴らしいリズムのスイング。 私がメジャー初勝利を したのも

22歳と5カ月。 彼のほうが4カ月早い。 素晴らしい未来が待っている」 と・・・

タイガー・ウッズ(米国)

「ロリー、おめでとう。 素晴らしいパフォーマンスだった。 勝利の味を しっかり

楽しんでほしい」

ルーク・ドナルド(イングランド)

「以前から言っていたが、彼は僕が今まで見た中で最も 才能にあふれたゴルファーだ。

流れるような動き、そして飛距離、彼のプレーを 見るのが大好きだ。 コース外での

態度も 素晴らしい」

フィル・ミケルソン(米国)

「恐るべきゴルフを 展開している。 いいボールを 打って、やるべきことを やっていた」

パドレイグ・ハリントン(アイルランド)

「彼は途方もないくらいの潜在能力を 持っている。 メジャーを 勝つ人間は何人も

いるわけだけど、メジャーを 支配し、ぶっちぎって勝つ選手はそうはいないんだ」

マーティン・カイマー(ドイツ)

「ファンタスティックなゴルフを していた。 僕らとは違った次元で、完璧に近いプレーを

していた。 まだ短いゴルフ人生の中でメジャーを勝ったことは本当に凄い。 まだ22歳、

特にマスターズでの出来事があった後だしね。 衝撃的だ」

チャール・シュワルツェル(南アフリカ)

「もの凄いことをやってのけた。 歴史の一端になった。 彼だけ違うコースをプレーして

いるみたいだった」 ・・・ 

いつかは、石川遼プロも 世界のトッププロから、こんなコメントを 言わしめさせたいなぁ~

ゴルフ用語   今日はお休み

 

いや、いや、大変な北アイルランドの新星が現れたもんだ!

268は最少スコアで、通算16アンダーは最多アンダー…

4日間72ホールでのパーオン数62も最多、4ラウンド

すべて60台を マークしたのは史上4人目だったらしい。

そう、米国メリーランド州コングレッショナルCCで行われた 「全米オープン」 で優勝した

ロリー・マキロイだ。 2位以下に8打差を つける独走でメジャー初タイトルを 獲得、22歳

1カ月の優勝は史上9番目の若さだ。 ただ年少記録の上位8人はすべて1923年以前の

話しで 選手層が薄く現在とは事情が異なる。 メジャー全てを 見ると、最近では1997年の

マスターズでウッズがマークした21歳3カ月に続いた。 111回を 数える大会でも記録的な

圧勝劇だった… タイのゴルフとは関連がないが、マキロイに触れない訳にはいかない…

振り返ってみれば、昨年4月の 「マスターズ」 でフィル・ミケルソンが勝ったのを最後に、

米国勢のメジャーチャンピオンは誕生していない。 その一方で、力を誇示しているのが欧州

ツアーを 主戦場とする選手たちだ。 同マスターズ以降の優勝者は全員が、それぞれの

大会でメジャー初タイトルを 手にした下記の5人である。

2010年 「全米オープン」 グレーム・マクドウェル (北アイルランド)

2010年 「全英オープン」 ルイ・ウーストハイゼン (南アフリカ)

2010年 「全米プロ」   マーティン・カイマー (ドイツ)

2011年 「マスターズ」  チャール・シュワルツェル (南アフリカ)

2011年 「全米オープン」 ロリー・マッキロイ (北アイルランド)

タイガー・ウッズが 故障とプライベートの問題で、勝利から遠ざかっているとは言え、

アメリカでは、ゴルフファンからブーイングが起きていると聞く・・・ この項 明日に続く。

ゴルフ用語   ソール (Sole)

クラブヘッドの底の部分。 また ボールを打つためにクラブのソールを地面に付ける

行為 を ソールするという。 スタンスを取って クラブのソールを地面に付けた時

(即ち、ソールした時に) アドレスしたと定義するが、アドレス前と後ではルール上の

処理が違なるため ソールという概念はルール上 極めて重要である。

 

タイの気候、日本人はじめ外国人は 乾季・雨季・暑季の三つに

分けて呼んでいるのが普通だと思う。 が、ヨーロッパ人に

言わせると、ホット・ホッター・ホッテストの三つの季節に分けて

呼んでいるらしい。 なるほど、暑い季節・かなり暑い季節・死ぬほど暑い季節となる

のかな(笑)。 これだと、いかにも暑さだけの気候の国になってしまう。 では 日本は

どうか? 春・夏・秋・冬の四季があると言うのが一般的だ。 いや いや 6月の梅雨

(雨季) があるんで、日本は五季だと、これ また ヨーロッパ人が言っているらしい… 

日本の梅雨の期間は、45日間ぐらいだが 鬱陶しい日が続くがために、インパクトが

あって、一つの季節があるように、ヨーロッパ人は感じるのかも知れない。 

6月は偶然にも、タイも日本も 雨季と梅雨で ゴルファーを 悩ませる季節だ・・・

こんな季節にプレーするには、バンコク市内から近いゴルフ場でラウンドするに限るだろう。

処で タイだって、日本のように電車でゴルフに 行ける方法があるのを 知っているかな?

バンコク市とスワンナプーム国際空港を 結ぶスカイトレイン、エアポートリンクの途中駅に

フォアマークという駅がある。 ここで降りてタクシーで、5分で行けるゴルフ場が二つある。

ユニコ・グランデ ゴルフコースとクルンテープ クリタ スポーツクラブだ。 ここ一帯を

フォアマークと言うエリアだが、昔は クルンテープ クリタ スポーツクラブを フォアマーク

ゴルフと呼んでいた。 バンコク市内から一番近いゴルフ場は、と言うと この二つに

なるだろうな。 タイでだって 電車でゴルフへ行けるんだ、と自慢げに 話していたら 

「どうせ フォアマーク駅からタクシーを 使うんだったら、自宅から この二つのゴルフ場へ

20分、30分でいけるぞ」 と言われてしまった。 ご尤も である (苦笑)・・・

ゴルフ用語   ソルハイム カップ  (Solheim Cup)

アメリカ 対 欧州のチーム戦でRyder Cup の LPGA 版。 二年に一度、3日間にわたって

各種マッチプレーで勝敗を競う。

© 2012 田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! Suffusion theme by Sayontan Sinha