日本とタイで数字を残したプロ ゴルファーが、平塚哲二プロと

タイのアフィバーンラト選手なら、石川遼プロはタイと日本の

場で活躍するゴルファーか? 明日から2011年の始まりだ。 

いよいよ遼クンの最初の一戦、「ロイヤル トロフィ カップ」 が

来週にもスタートする。 今日と明日は、実力も人気も備え、

すっかり スーパースターの地位を確立した石川遼プロに触れたい。 その彼が、廻り合せも

あって三年連続して、タイで参戦しているというのも嬉しい限りだ・・・

今 タイにいる人達はラッキーであろう。

実は、石川遼クンが最年少の16歳3ヶ月でプロ入りする前は、山浦記義プロ (50歳) の

16歳11ヶ月という記録が、30年以上も破られていなかったとの事。 その後 山浦プロは

トーナメントで思うような結果を残せず、やがて焦りからか スウィングを崩すことになって

ツアーからの撤退を決意。  30歳でレッスンへの道を歩み、現在はスクールでジュニアを

中心に指導を行い、プロゴルファーの卵を育てている、と聞いたことがある。 ミシェル・

ウィーしかり、早くプロになっても、こうしてトップクラスの成績を上げ続けることは、簡単な

ことでは無いだろう。 やっぱり 石川遼クンは凄いよなぁ~

日本アマに6度優勝するなどアマチュア界で伝説の人 “故中部銀次郎” は 「真夏の暑い

時にラフで一心不乱で練習しているプロゴルフファーを見て、とてもプロにはなれない」 と

断念したそうだからなぁ~  しかも 日本では2,000名以上もプロがいるんだから・・・

ゴルフ用語   逆目  (Into the grain)

グリーンの芝が、プレーヤーの方向に向かって 傾いて生えている状態で ボールの

転がりが遅くなる。 この逆を順目 (with the grain/down grain)  という。

 

今年も残りわずかとなった。 日本国内で石川遼プロの

三勝もアッパレだったが、平塚哲二プロのアジアンツアー

三勝も凄かった。 国内での平塚プロの優勝は無かったが

賞金ランキング13位に入り 6,173万円稼いでいる中での

アジアンツアーの三勝だ! しかも アジアンツアーは、かなりの実力者も参戦している。

結果、アジアンツアーでも賞金ランキング5位で33万31千ドル (約2,764万円) は、

多いに評価したい。 もっと 日本でも 彼のこの活躍ぶりを報道してほしいなぁ~

4月にミャンマーで開催された 「ミャンマー オープン」 で初優勝、6月のサムイ島で

開催された 「クイ~ズ カップ」 で二度目、そして 今月初めの 「アジアンツアー最終戦、

ブラック マウンティン マスターズ」 での三度目の優勝だ!  平塚哲二プロの実力は

タイでも随分と知られ、もう スッカリ アジアンツアーで、日本の顔になったぞ~  

今年の彼はホントにアジアで強かった! 

もう一人、忘れてはならないのが アフィバーンラト選手だろう。 優勝こそ出来なかったが

アジアンツアーで10位 24万1千ドル (約1,990万円) を獲得し、日本国内ツアーでも

賞金ランキング28位で3,128万円を稼ぎ出している。 その他 平均バーディ数5位、平均

パット数7位、平均ストローク数で11位と、細かい部門でも上位に入っている。 まだ 

21歳の若き実力者だ。 今後 多いに期待したい。 今年は、タイから日本ツアーと

アジアンツアーを観ていて、平塚プロ と アフィバーンラト選手が印象深かったなぁ~ 

ゴルフ用語    逆ハンドグリップ (Cross hand grip)

左手が下で右手がグリップエンドにくるパターグリップのスタイル。

 

ブロブを発信していると、いろいろなご意見を頂くものだ。

先日 ある人から “もう少しゴルフの技術的な話しも

書き込んだら” という意見も寄せられた。 同ブログを

スタートして3カ月が過ぎようとしているが、確かに技術的な

ことに触れたことは無いなぁ~ でも うぅ~ と考えてしまう。 小生のゴルフは95前後の

ゴルファーだ。 理論が正しくとも説得力が無い。(笑) そういうお話しは、もっとレベルの

高い人にお任せするとしよう。 ゴルフの回数は負けないが、技術論や評論はちょっと…

その方に 勝手とお勘弁をお許し願った・・・  小生のハンディキャップは、公式ではないが

18ぐらいだが、ゴルフ界に こんな格言があるのをご存知だろうか? 

「ハンディキャップというものは、その人が打つ前に考えることの数」 だそうだ。 

「ハンディ30の人は30チェックすることがあり、10の人は10チェックすることがある。

1の人は一つだけチェックすることがある」 と・・・ 小生は18 チェックする所が

あるらしい・・・ この数が、また なかなか減らないんだ。 (笑)

また 「ハンデイ30の人は、ゴルフをおろそかにする」 「ハンデイ20の人は、家庭を

おろそかにする」 「ハンデイ10の人は、仕事をおろそかにする」 「ハンデイ5以下の人は

すべてをおろそかにする」 ・・・ これでみると、小生は家庭も仕事も少しずつ おろそかに

しているのかなぁ~  皆さんは、どうだろう? まぁ~ 格言では無く冗談だな、これは…

今後 小生は、技術的以外の話しを タイ・ゴルフ情報の見聞を広めながら、ゴルフの

様々な観点から見れる (観れる、視れる、診れる、看れる ) ようにしていきたい。

ゴルフ用語   キック ポイント (Kick-point)

シャフトを振った時のしなりの頂点で flex-point とも bend-point とも言う。 

ローキックポイントのシャフトでは 先調子のクラブとなる。

 

今月の11日と12日に、同ブログで タイのシニアのプロ

テストのことについて述べた。 その後 こんな質問が

舞い込んだ。 「確か タイのシニア プロは、60歳以上の

スーパーシニアという資格もあるはずだ」 と・・・・

そう 仰せの通り、スーパーシニアの資格があり 合格ラインも最低81・81の二日間162で

パスなんだ。 シニアは78・78の156だから このレベルでの6打差は非常に大きい。

合格ラインが甘くなるので、58歳前後になると60歳まで待ってテストを受ける者が多かったと、聞く。 そうりぁ~ そうだよなぁ~ 6打差だもんなぁ~ 誰でもそうするだろうよ。(笑)

この資格は過去のお話しで、数年前 理事長が交代した時、このスーパーシニアの資格は

廃止されてしまった。 新理事長曰く 「スーパーシニアの資格は、他の国に存在しない、

他の国と標準を合わせるべきだ」 という理由で 廃止したと聞いている・・・

ところが、 である。 タイ シニア協会 (THAI SPGA) のホームページ を覗くと、今年の

シニア 大会のランキング60位までの選手が列記されているが、シニアとスーパーシニアが

別れているではないか・・・ HP → http://www.thaispga.com/players.php

と いうことは、テストも復活した可能性が高い。 これは60歳以上の日本人には朗報だ!

もし 復活されたのであれば、60歳以上のゴルファー達に、夢をふたたび・・・ だ!

来年の初めには、再度 チェックして報告したい。

 

ゴルフ用語    逆オーバーラップグリップ (Reverse overlap grip)

オーソドックスなパターグリップのスタイルの一つで、フルスイング用のグリップを

少し変え、左手の人差し指を右手の小指の上に乗せるスタイル。

 

最近のコース、特に土曜・日曜・祝日のゴルフ場の混み

ぐあいは半端じゃないなぁ~ 特に土曜日が酷いらしい、

しかも 土曜日の午前中の時間が取りずらいようだ。 

土曜にプレーして 日曜日はゆっくり休む、分るなぁ~  

最近の混みぐあいの要因は、タイ人 ゴルファーが多くなったことだろうなぁ~  

現在のタイのゴルフ人口は、どのくらいになったんだろう…  ちょっと 調べてみた。

まず日本… ゴルフ誌の雑学であるが、日本のゴルフ人口は 「ゴルフをやったことが

ある」 人を含めて、3,500万人いると言われ、継続的にゴルフをやっている人は800万人だ

そうだ。 ただ 800万人の中には、年に2回、3回の 「七夕ゴルファー」 が50%、年に

4回~6回の 「シーズンゴルファー」 が30%で、この二つの合計80%の640万人が

「100」 を切れないゴルファーの割合と合致するとか・・・ 全ての数字がおおよそだ。

ではタイは? 「ゴルフをやったことがある」 人を含めると約180万人、実際 定期的に

プレーするタイ人は、この半分の90万人前後と言われている。 現在 タイの人口が

約6,765万人だから90万人というと、1.3% だ。 いずれにしても 随分と増えたもんだなぁ~  

20年前は5、6万人という時代だったらしい。 このゴルフ人口の殆んどと 日本人を含めた

外国人が、ゴルフ場へ一斉に週末や祝日に集まるんだから混むわけだわなぁ~ 

ゴルフ用語   傷ついたゴルフボール  (Damaged golf balls)

プレー中に傷ついたと思われるボールは、ルールに従って その状態をチェックし、ボールが

プレーに適さないと確認できれば、そのホールをホールアウトする前であっても、別の

ボールに取り替えることが出来る。 ただし、その時に ルールに従った (規則 5-3)

適切な処置をしなければ、ペナルティーが科される。

 

早いもので、小生がクラブタイランドのアドバイザーに

就任してから三カ月を過ぎようとしている。 同時に

スタートした 「田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの

話し」 も三か月だ。 現在 毎日120名ぐらいの人達が

同ブログを愛読してくれている。 そして毎日2、3ページの

閲覧があると云うことは、実質300名前後の方々に読まれていると云うことだろう。  

更に驚いていることがあるんだ! 小生 同ブログの読者は、クラブタイランドのメンバーと

思い込んでいたので、当然 その殆んどが 在タイの人かと思いきや、読者の半分以上が

日本に住んでいる方々なんだな・・・ アドバイザーの仕事は、日本に居る方々にクラブ

タイランド・カードの告知活動も大きな目的の一つであるので、この数字は意外と嬉しい…

そこで、日本であまり知られていない、もう一つのサービスを紹介したい。

ゴルフ場の予約とゴルフ場・レストラン・エステ・土産物屋などのレジャー施設を特別優待

料金で利用できるのはご存知だと思うが、日本から来る歌手や芸能タレントのライブも

隠れた人気なんだな。 勿論 クラブタイランドでチケット販売も行なっており、現地の

タイ邦人に大変喜ばれている。 来年 早々では、2月5日の {宮川大輔 と ケンドー

コバヤシ トーク ライブ}、2月6日の {立川志の輔の落語} などがある・・・ 

日本の皆さん、クラブタイランドでは こんなサービスがあることも知っておいてほしい。

そう、そう、訪タイの折には、500バーツ (約1, 400円) のツーリストカードの予約も

早めに お待ちしている。 支払いはタイに来てからでもOKだ!  宜しくで~す。

ゴルフ用語   ギブアップ  (Give up)

二通りの使われ方をする。 一つ目は、トーナメントのローカルルールで定められた

1ホールの最大打数 (例えば、パー4で 12打) を選択する時。 二つ目は、マッチ

プレーで そのホールの負けを宣言すること。

 

タイのゴルフは、キャディさんが一人に一人ついてくれるので

ついつい、キャディさんに何でも頼ってしまうきらいがある。

結果 スコアや落とし所が 悪いと、キャディさんのせいに

しがちだ。 こんな時、ゴルフファーが合わせ持っている、

こんな格言が聞こえてくる・・・

“キャディを疑う愚か者” と “キャディを信じる未熟者” だ。 この言葉の狙いは、

ゴルファーの自己責任を促がす格言らしい。 まったく その通りだなぁ~ 胸が痛い!

以前 こんなことがあった。 あるゴルフ場の9番ホールで、1打目はまぁまぁのショット、

2打目をツーオン狙ってショットすると、大きめに引っ掛けて左の池ポチャとなってしまった。

小生 “池があることをなぜ言わない?”   キャディ “・・・・ すいません!”

それっきり、このキャディさんは無口になってしまった。 タイの人は、あまり謝らないが、

このキャディさんは素直に謝りはしたが、 “池に入ったのは、真っ直ぐに打てなかった

あなたにも原因が… ” と言いたげな感情を、無口になって抵抗しているようだった。

この時に “キャディを疑う愚か者” という言葉が浮かんできた。 そうだ! 自分のミスを

棚に上げている、と そのキャディさんが気づかしてくれたんだ。 以前だと、キャディの

せいにして、イライラが続きミスを連発する所だが、この日は その後ミスも少なく、いつも

以上のスコアでラウンド出来たんだな、これが…  どうやら精神的に成長したようだ。(笑)

小生、この日を境にキャディに対して、頼り過ぎず、信じ過ぎず、楽しいゴルフを

心がけている。 ゴルフは、愚か者にならず、自分を信じて突き進もう!

 

ゴルフ用語   キック  (Kick)

普通、ゴルフボールが地面を蹴って方向を変えたときに使う用語。 右にキックしたとか、

ひどいキックだとかいうように使う。

 

タイでは全国のどこかで、毎年 二つ、三つの新しいゴルフ場が

誕生している。 では一体 いくらかかり、どのくらいの時間を

要するのだろう? タイにもジャック ニコラウス、ピート ダイと

いった著名人たちがゴルフ場をつくっているが、タイもデザイン、造成などでは、

東南アジアでナンバーワンのレベルだそうな・・・  そりぁ~ そうだろう。 

タイにゴルフが広く定着して30年以上も経っているからなぁ~  ゴルフ ファインダーに

興味深い記事が載っていた・・・

タイで18ホールのコースを造る場合、70~80万平方メートル、東京ドームの16~17個分の

土地が必要との事だが、この土地代を除いて 設計からコース造成に2億5千万バーツ

(約7億円)、クラブハウス建設に1億バーツ (約2億8千万円)、道路などのインフラに

5千万バーツ (約1億4千万円) で、4億バーツ (約11億2千万円) が目安とか…

日本と違って単独オーナーが多いらしいが、お金が余ってゴルフ場を造るなんてことかな?

建設期間は、だいたい一年半から二年ほどと言うが、いや 実際はもっとかかるだろう。

この造成費用で、かなりのコストを占めるのが、芝の下に敷く厚さ15センチの砂だという。 

この部分を怠ると水捌けの悪いゴルフ場になってしまうと聞いたことがある。 また 

完成したコースを良い状態に維持するには、毎日最低50名の作業員が管理する必要が

あるそうだ。 そこで、設計家がいかにメンテナンスの負担を少ないようレイアウトするかが

腕の見せ所らしい・・・ ゴルファーなら自分のゴルフ場を造るなんて大きな夢だなぁ~

ゴルフ用語   規定打数

パーに相当する打数のこと。 ショートホールでは 3、ミドルホールが 4、

ロングホールでは 5。

 

18ホール以上あるゴルフコースを “フルレングス コース” と

云うらしい。 タイでは毎年二、三のゴルフ場ができているが

現在 タイには そのフルレングス コース、いくつあるんだろう?

一般に言われている数は165だな。 その100前後がバンコク

近郊だ。 こんな大都市の廻りに100ものゴルフ場があるなんて… ゴルフ天国と言われる

所以である。 更に、9ホール以下のゴルフ場?を カウントすれば250を超えるそうな…

このショートコース、日本では 18ホールが無いとゴルフ場と言わない風潮があるようだが、

欧米では温暖化という観点からも、ショートコースは注目されている。 街の緑化施策と

してショートコースを誘致させるぐらいだから、欧米には18ホール未満のコースが沢山ある。

欧米ではショートコースの存在感が目立つ。 近所に数ホールしか無いコースでも気軽に

楽しめるからこそ、ジュニアも育ち、たくさんの名選手を生んだんだろう。 お金持ちの

スポーツから始まって、接待に利用した、日本のゴルフ事情とは違うな。 老若男女

とも 欧米ではゴルフ場でエンジョイ出来る文化が根付いていたと思う。 羨ましい限りだ。

タイでも こんな光景に出会ったことがある。 いつだったか、バンナーにある軍のショート

コースで、6歳の女の子がキャディーを付けて、一人で 黙々とプレーしていたのを思い

出す。 余りに可愛いので 一緒にプレーしようと、声をかけたら断られてしまった!(笑) 

タイはある意味、ショートコースの利用方法を知っている・・・  また 明日へ

ゴルフ用語   慣性モーメント  (Moment of inertia)

回転運動において回転を始める、もしくは、回転を止めるのに必要な力の量を示したもの。

回転運動体の重さと回転の中心からの距離の二乗に比例する。 ゴルフは 回転運動が

多いので 様々な物理現象を理解する上で重要な概念である。

 

今日は、クラブタイランドが新規に紹介しているゴルフ場の

お知らせだ。 今月は、カオヤイの先 ナコンラチャシマー県に

新しく出来たゴルフ場、ランチョ・チャーンヴィー・カントリー・

クラブ!  (Rancho Charnvee Country Club) 9月に

オープンしたばかりのコースで、よくも こんな山奥に、こんなゴルフ場を造ったと

言われるほど素晴らしいと云う。 まだ ホッカホカのゴルフ場だな。 (笑) 

まずは料金・・・ 

●平日料金                  ●休日料金

 ビジター料金:1,500Baht        ビジター料金 2,600Baht

 クラブタイランド料金:750Baht     クラブタイランド料金:1,300Baht

この料金は、グリーンフィーのみで、別途、キャディフィー450バーツ (チップ込) かかる。

プロモーション価格の有効期限は2011年2月28日迄だな。 ゴルフ場でクラブタイランド

カードを提示すればOK。 でも ちょっと聞いてほしい! クラブタイランドカードを使うと

グリーンが半額だぞ~    是非 この期間にラウンドしたいなぁ~

ゴルフ場の住所と連絡先は下記の通り。

Rancho Charnvee Country Club    Telephone. 088-375-4466

Address. 333/2 Moo 12 Kanongpra Pakchong, Nakhon Ratchasima 30130

しかし タイは、まだまだゴルフ場が造られているなぁ~  毎年二つや三つ、出来ている

んではないか? 現在 タイには、9ホールのコースを入れると250を超えると聞く。 

なんでも 18ホール以上あるゴルフコースのことを “フルレングスコース” と云う

らしいが、その “フルレングスコース”、タイでは幾つになったんだろう? 明日へ・・・

ゴルフ用語   カマボコ型 パター  (Mallet putter)

英語ではマレット型パターといい、パターヘッドがカマボコのような形になっている。

© 2012 田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! Suffusion theme by Sayontan Sinha