いよいよ 宮里藍 / 宮里美香 / 上田桃子 プロらが参戦する

「ホンダ LPGA 2012 」 が、来週に迫って来た! 今年も

誰が上位に 残り、どんな展開に なるか、 楽しみだよなぁ~  

なんせ ヤニ ツェン / ポーラ クリーマー / ミシェル ウィー

カリー ウェブ / スーザン ペターセン選手ら、 世界の実力も人気もあるトップ女子プロが、

一同に 集まるんだ!  会場となるサイアム カントリー クラブのオールドコースは、その

準備 等々やら で、さぞかし大忙しのことだろう ・・・ 手伝ってあげたい ぐらいだな (笑)

処で こんなトッププロ達が戦う場所、サイアムCC で プレーしてみたいと、思わないかい?

ゴルファーなら 誰でも 思うよなぁ~  クラブタイランドが粋な 計らいを している … …

ホンダ LPGA 2012 開催の名門サイアム カントリー クラブ オールドコースで、 クラブ

タイランド会員枠の予約を 下記日程で確保してくれているんだ! 3月訪タイする日本の

ゴルファーの皆さん、日程が合えば 是非 世界のプロが戦った、そのままのコンディションの

フィールドを ラウンドしてみたら、どうだろう。 こんなチャンスは、滅多にないぞ!

土曜・日曜は、なかなか 予約が取れないからなぁ~

【予約時間帯】

* 3月 3日(土) 07:48~  09: 00~  09:08~ (3組)

* 3月10日(土) 08:20~  08:52~  09:16~  (3組)

* 3月11日(日) 09:08~ (1組)

* 3月17日(土) 07:48~  09:16 (2組)

* 3月18日(日) 09:08~ (1組)

* 3月24日(土) 08:52~  09:00~  09:08~  (3組)

* 3月25日(日) 08:44~  08:52~  09:08~  (3組)

* 3月31日(土) 08:12~  09:00~  09: 08~ (3組)

注1  ゴ ルフ場の都合に より 時間が、多少変更に なる場合あり、予約は 早めに! 

注2  日本からのゴルファーは、ツーリストカード (500バーツ) の利用を!

【クーポン料金】

 平日・・3,500バーツ、  週末・・3,950バーツ

 ( グ リーンフィー、キャディーフィー、カートフィー含む )

予約と問い合わせは、ゴルフ ブッキングセンターまで日本語か、メールで ・・・

電話: 02-260-8228  ファックス   02-260-2129

開店時間: 09.00~20.00(月~金)   09.00~18.00(土日祝)

メール: golfdesk@thailandcard.com 

ツーリスト用 予約カードの案内  http://www.thailandcard.com/?cat=10

ゴルフ用語      今日は お休み

 

静岡県 葛城ゴルフで、29日から4日間 行なわれていた、

来年の女子出場権を かけたファイナル クォリファイング

(QT) が 終了した。 ファイナルQTは、これまでに各地区で

行なわれたQTを通過した84名の選手に、ランキング50位

以下で 来季のシード権を 失った選手らが加わった総勢

102名のシード権を 巡っての 壮絶な女の戦いなのだ! 

そう、日本ツアーに参戦していた唯一のタイ人女子プロゴルファーであるオナリン・

サタヤパンポット選手 27歳も(56位)、このQTに挑戦、来年のシード権を 目指していた。 

さて さて、 どうなったか? … … 

良かったぁ~  見事 2オーバーながら27位に入って来年のシード権を 獲得したのだ。

小生も 嬉しく思うなぁ~  強豪選手がいる中 よく 頑張ったよなぁ~ 1位は 原江里菜

プロの通算12アンダー、2打差の2位に酒井千絵プロ、3位には野村敏京プロが入った。

処で、ファイナルQT出場者のLPGAツアー出場までの流れは こうだ ・・・ 

一般的なLPGAツアー競技で出場人数が108名の場合、うち90名がLPGA選考選手枠

(残りは主催者推薦選手) となるが、その内の50名分程度は シード選手やツアー

優勝者などの出場有資格者で占められ、残りの30名~40名枠程度の出場権が、

QT上位者に振り分けられる。 ファイナルQTの上位者から順に出場権が与えられる為

QTでの1ストロークの差が翌年のツアー出場権に大きく影響する ・・・ 

彼女は27位なので来年の36試合、ほとんど 出場できるだろう。 

そして もう一人 日本で活躍する新しいタイ人女子プロ ゴルファーが誕生したんだ!  

その名は、ポラニ・チュティチャイ選手で 26歳だ。 (上の写真)

彼女、なんと このQT戦で、1アンダーで14位に入っている。 これは 来年のツアーが

楽しみだ。 小生もシンハ ビールのパーティーで、一度 見かけたことがあるが、実に

可愛らしくて、性格も良さそうだ。 日本でも人気が出そうだな、来年は彼女も応援しよう!

ゴルフ用語     今日はお休み

 

日本のゴルフ雑誌などが、先の 「ロイヤル トロフィ」 に

ついて ギャラリーも少なく、例年のように盛り上がらなかった

と批評している。 そうだなぁ~ 小生もそう思う。 

なぜだろう? やはり ホアヒンの会場で、ちょっと遠すぎた

かなぁ~ 往復6時間をかけて行けなかったか? 更に 追討ちをかけて、アジアチームが

まさかの逆転負けだものなぁ~ 大量リードで最終日を迎えながら、シングルスで1勝も

挙げられず、二年ぶりの栄冠を逃しただけに 悔しい思いをしたファンも多かったはずだ。

結果、終わってみれば 「盛り上がらなかった」 と言われてしまっている・・・

だから、でもないだろうが、アルバというゴルフ専門雑誌が 面白い 「緊急アンケート」 を

実施していた。 それは 「次回のザ・ロイヤルトロフィで、今回のメンバー以外でアジア

選抜に入って欲しい選手は?」 というアンケート、誰でも同じことを考えるもんだ。(笑)

約二週間のアンケートの結果内容は、藤田寛之が1063票を集めて1位になったそうだ。

小生と同じ意見だな。 僅差の2位は今田竜二、 「ソニー・オープン・イン・ハワイ」 で

活躍を見せた丸山茂樹も多くの票を獲得したとか。 土壇場で逆転を喫したこともあり、

勝ち方を知っているベテランのチーム入りを望む声が多かったようだ。 まぁ~ 今回は

若手が多く ベテランはタイのトンチャイ、インドのシンぐらいだったものなぁ~

そう、そう、Y・E・ヤン、K・J・チョイ (崔京周) といった、アメリカツアーで活躍する

韓国人プロも根強い人気があったそうな・・・ どうだい? あなたなら誰を推す?

今から2012年のメンバー選考に注目していたい!

ゴルフ用語    グリーン ジャケット (Greens Jacket)

マスターズ優勝の代名詞として使われる言葉。 マスターズ優勝者には、グリーン

ジャケットと金メダルが授与され、スターリング・シルバーのトロフィーに優勝者の

名前が刻まれる。 また、銀製トロフィーのレプリカが優勝者には 送られる。

 

タイ・ホアヒンのインペリアル レイクビュー GC と

スプリングフィールド ロイヤル CC で開催されている、

2011年度のアジアンツアーの出場権をかけたファイナルQTが

終了した。 19日から繰り広げられた、熱い、熱い 4日間の

戦いだったろう。 ファーストQTの4日間日18ホール 計72ホールを、上位100位タイ

までが決勝ラウンドに残り、ファイナルQTで上位40位タイまでの選手が、今年のアジアン

ツアーに出場できる、という狭き門のQT。 世界各地から総勢176名、日本勢も国別では

最多となる40名前後が出場し、ファイナルQTに残った26人のうち 最終的に7人が晴れて

2011年度のアジアンツアーの出場権を手にしていた。 7名におめでとう、と言いたい!

26人の日本人プレーヤーでトップ通過を果たしたのは、通算ー13の単独4位に入った

小泉洋人プロ。1打差の5位タイには、昨シーズンに国内ツアーでも 初シードを手にした

上平栄道プロが入ったな。 上平栄道プロもシーズンオフに よくタイでゴルフ合宿している

組の一人だ。 もう完全に実力をつけたような気がする。 他の5名は、内藤寛太郎が16位

タイ、片岡大育が25位タイ、37位タイに、清田太一郎、塚田好宣、谷昭範が食込んでいる。

40位以内に入れなかった他の選手、上井邦浩68位タイ、甲斐慎太郎80位タイ、矢野東は

86位タイで終え、出場権の獲得はならなかった。 40位以内に入った7名は、欧州ツアーの

共催競技を除く殆んどのアジアンツアーの試合に出場可能となり、今年のアジアンツアーで

どんな活躍をするか非常に楽しみだ!  これからも彼らの活躍ぶりを追っていきたい。  

ゴルフ用語    グリップ (Grip)

クラブを握る部分で、ゴムや合成ゴムエなどで出来ている。 重さ、長さ、太さ、材質、

表面のパターン、リマインダー (ラインのような印になるもの) など 色々な

デザインのものがある。

 

今週は 随分と多くの日本人プロ ゴルファーが、タイにやって

来ていた。 そうだったんだ、2月に開幕を迎える2011年度の

アジアンツアー。 その出場権を巡るファイナルQTが 昨日の

19日(木)から4日間 行なわれているんだ! 会場は、ホアヒンの

インペリアル レイク ビューGC と スプリングフィールド ロイヤルCCで行なわれる。

このファイナルQTを通る為に、世界各地から総勢176名が集まったらしい・・・ 

最近のアシアンツアーは、欧州ツアーや米国ツアーとの共催競技も増え、年々

グローバル化が進んでいる。 今回の出場者は、アジア圏の枠を超えて、アジア圏が6割、

欧州圏が3割、北米アメリカ圏が1割の割合で参加していると云う。 良いことだよなぁ~

ファーストQTは、4日間日18ホール 計72ホールのストロークプレー形式、上位100位

タイまでが決勝ラウンドに進出し、ファイナルQTで最終的に上位40位タイまでの選手が、

欧州共催などを除くほとんどのアシアン競技に出場できるわけだ… 大変な道のりだなぁ~

日本勢は、国別では最多となる40名以上が出場した、というから日本人プロ ゴルファーが

目立ったわけだなぁ~ 国内シード組では、矢野東、宮瀬博文、上井邦浩、上平栄道、

谷昭範、甲斐慎太郎らが来ている。 その他にも、アジアンツアーの常連である塚田好宣、

清田太一郎、すし石垣、内藤寛太郎、坂田雅樹らが名を連ねている、と聞く。 4月の

国内ツアー開幕までの調整、アジアンツアー本格進出への挑戦など、さまざまな思惑を

胸に秘めた日本人プロ ゴルファー達の上位進出に期待したいところだ。 

追って 結果報告をしよう。

ゴルフ用語   クラレット・ジャグ  (Claret Jug)

全英オープンの優勝トロフィー。 優勝者は その名前が クラレット・ジャグに刻印され、

ゴルフの歴史にその名を永久に残すことになるが、同時に そのレプリカを獲得することに

なる。

 

いやぁ~ まさかの大逆転負け! 二日目を終わって、

「今回は勝てる」 と、アジア勢は油断してしまったんだろう。

欧州勢を、ちょっと 甘くも みたんだな、きっと・・・

まぁ~ 終わってしまった、致し方あるまい。 来年に

頑張って貰おう。 処で 今回の大会で、最少年タイ人プロ ゴルファーが話題を呼んだ!

石川遼プロの大ファンでもあり、昨年末のプロテストに合格したばかりのルーキープロ、

アティウイット・ジェーンワットアナンド君だ。 15歳でニックネームはJAZZと言うらしい。

遼クンがプロになったのは16歳代だから、遼クンよりも早くプロになったことになるなぁ~

実は、対抗戦本戦を翌日に控えた日には、プロアマ戦が行なわれ アマチュアとの

ラウンドをこなしながら最後の調整を入るんだが、その際 遼クンと一緒にプレーしたのが、

アティウイット君だ! 石川遼プロもタイ人ゴルファーへも、随分と影響を与えているんだな。

彼は、石川プロの試合を 殆んど欠かさず観ている、という石川遼プロの 「BIG FAN」 だ

そうで、この日のゴルフウエアも赤でまとめ、遼クンに成りきっていたらしいぞ。 (笑)

アティウイット君は 「石川遼プロと回れてとても嬉しい。 二年後には日本ツアーにも

挑戦したいと思っている」 とこの日のラウンドを興奮した様子で振り返る共に、将来 日本

ツアーにも参戦したいとコメントしていた。 タイに頼もしい15歳プロが現れたぞぉ~

イタリアの17歳 マッテオ・マナセロ選手、韓国の19歳 ノ・スンヨル(韓国)、タイの15歳

アティウイット君と、石川遼プロと競う若手がアチコチに誕生している。 楽しみだなぁ~

ゴルフ用語    クインテュープル ボギー (Quintuple Bogey)

トリプル・ボギー (Triple Bogey) より ニ打、クワドラプル ボギー (Quadruple Bogey)

より一打多い (5オーバーパーの) スコアの呼び方。 例えば、パー3 で 8 になれば、

クインテュープル ボギーである。

 

なんてこっちゃ~  こんなことがあるのか~ 

三日目のマッチプレー、アジア勢が一勝もできず

まさかの逆転負けだって、よ! 信じられないなぁ~

最終日の結果

第1組 リャン・ウェンチョン × 7&6  ○ ピーター・ハンソン

第2組 ノ・スンヨル      引分   ヘンリック・ステンソン

第3組 池田勇太       × 2&1   ○ フレデリック・アンダーソンヘッド

第4組 石川遼         × 4&2   ○ リス・デービース

第5組 薗田峻輔       × 1UP   ○ マッテオ・マナセロ

第6組 キム・キョンテ    × 3&1   ○ コリン・モンゴメリー

第7組 ジーブ・シン     × 1UP   ○ パブロ・マーティン

第8組 トンチャイ       引分  ヨハン・エドフォース

二日目を終わって6P対2P、全然 余裕だったのになぁ~ 最終日 終わってみれば、

7P対9Pで、欧州勢の優勝だった! 二日目で欧州勢を甘くみてしまったのかなぁ~ 楽勝

ムードが災いしたんだろうか? ゴルフも最後まで 分らないよなぁ~ マッチプレーの8戦中

一勝も挙げることが出来なかった! 目の前の二年ぶりの栄冠を 逃してしまったなぁ~  

三日連続でイタリアの神童マッテオ・マナセロ選手と対戦した薗田峻輔プロは 「マナセロは

上手いのは解っていたが、今日は昨日と全然違っていた」 とコメントしている。 欧州勢は

個性を出せるマッチプレーにむいているのかも知れないな。 石川遼プロは、三度も池に

入れるなど、ドライバー、アイアンとも大乱調だったらしい … 残念だった。

最終日のシングルスで2分け6敗と大敗した尾崎キャプテン、 「今日の敗戦の責任は全て

自分にある。 が、欧州の攻撃力とマッチプレーの強さが見えた」 と、欧州の底力を

痛感していたようだ。 

ゴルフ用語   クラッチ (Clutch)

大事な場面と言う意味で、クラッチ・パット (大事な場面でのパット) とかクラッチ・

プレーヤー (大事な場面のプレッシャーに強いプレーヤー) などの使われ方をする。

 

どうした? アジア勢! 昨日は4組とも勝利だ~

こういう展開になるとは驚きだなぁ~ モンゴメリー

主将が 「アジアチームは最強の若手チームだ」 と

言っていたが、ヨーロッパチームは脱帽だろう・・・

二日目はフォアボール (チーム制で各自のボールをプレー) で 行なわれたが、第一組の

ウェンチョン、スンヨル組と 第二組の石川遼、薗田峻輔組が、昨日に続いて連勝だった。

3年連続出場している遼君は、園田先輩に助けられながらもチームを引っ張っている。

昨日の成績は・・・

第一組  ウェンチョン、スンヨル   ○ 5&4 × モンゴメリー、デービース

第二組  石川遼、薗田峻輔      ○ 3&2 × マナセロ、マーティン

第三組  金庚泰、シン         ○ 3&2 × ステンソン、エドフォース

第四組  トンチャイ、池田勇太    ○ 3&1 × ハンソン、アンダーソンヘッド

これで、余程のことが無い限り、アジア勢の勝利となろう。 強い!! ホントに強かった。

選手もよくやったが、尾崎直道キャプテンの作戦も良かったのだろう。 腰の調子が良くない

インドのシンを 金庚泰とペアを組ませてステンソン、エドフォース組と対戦させた。 

昨日は地元タイの人気者トンチャイとのペアで、プレッシャーもあったが、この日は金庚泰に

助けられながらも1アップで勝利した。 実はシン選手、腰痛に悩まされ大会直前までの

約5週間、まともに素振りも儘ならなかったらしいぞ。 早く 言ってくれれば、マークセンが

出れたのになぁ~  まぁ~ 残すところ あと一日だ、頑張って貰うしかないがね・・・

今大会最大の話題といえた石川プロと、イタリアの17歳の新星マナセロとの10代対決は、

どうやら石川プロに軍配は上がったようだが 「彼のスイングは迫力があった」 と、

認めていたなぁ~  さぁ~ 石川遼プロ、明日は 25歳のリス・デービス選手と対戦する…

ゴルフ用語    グラス バンカー (Grass bunker)

グリーン周りの深いラフの窪んだ場所で、バンカーに草が生えたような形をしている。

ハザードではないのでクラブをソールできる。

 

ロイヤル トロフィ 初日のチーム成績は、引き分けだった。

初日 石川プロの組は、杉並学院高時代の先輩 薗田プロと

ペアを組み、17歳のマテオ・マナセロとパブロ・マルティンの

組に3アンド2で勝った!  チームとしては2勝2敗の

タイで終えたが、引き分けなら良しとしようか。 初日は一つのボールを交互に打つ

フォアサム方式で、各チーム成績は下記の通りだった。

第一組  ウェンチョン、スンヨル  〇 3&2 × ステンソン、エドフォース

第二組  池田勇太、金庚泰    × 2&1 〇 モンゴメリー、デービース

第三組  石川遼、薗田峻輔    〇 3&2 × マナセロ、マーティン

第四組  トンチャイ、シン      × 7&5 〇 ハンソン、アンダーソンヘッド

尾崎キャプテンは 「初日 それぞれの選手が自分の力を余り出し切れていない中、引分は

上々の滑り出し。 初日一日が選手たちにとっていい練習になったと思う。 二日目からは、

さらに自分の力を発揮できると思う」 と、余裕のインタビューだった。 が、四組目で

トンチャイ選手とラウンドしたジーブ・ミルカ・シン選手が、腰を痛めているらしい。 大会の

前日まで、控えのマークセン選手にするか悩んだらしいなぁ~ 一様 二日目も出場するが

メンバーを多少 変更するとの事だ。 初日 トンチャイ選手とジーブ選手を最終組にして

いたが、トンチャイ選手は なんせ 地元選手で一番の人気選手だ。 国民的スターと

言っても過言ではない。 ギャラリーの数も多く、彼と一緒では負担が大きいので、三組目を

キム・キョンテ・ジーブ組、最終組を池田勇太・トンチャイ組に変更するそうだ。 

マークセン選手は、明日も そのまま待機させるらしいな。 マークセン選手も地元だし

人気もある。 個人的にはマークセン選手に出場して貰いたいがなぁ~

ゴルフ用語   切り返し

ゴルフスイングのトップからダウンスウィングに移るポイントを言う。 左サイド全体の

引きでスタートするのが正しい切り返しの考え方とされている。

 

いよいよロイヤル トロフィが始めるが、今日の初日から

凄い組み合わせだなぁ~ 第一日目は、1つのボールを

交互にプレーするチーム制 (フォアサ ム マッチ) で

行なわれるが、いきなり 石川遼プロと薗田峻プロのタッグと

相手は 神童マッテオ・マナセロ選手(イタリア) とパブロ・マーティン選手(スペイン) が

対戦することになった! 驚いたな! マッテオ・マナセロ選手は17歳というじゃないか。 

彼は、2010年の「マスターズ」 で、16歳11ヶ月という大会史上最年少で予選突破し、昨年

10月の欧州ツアー「カスティーヨ・マスターズ」 では、17歳188日の史上最年少記録で

ツアー初優勝を 飾るなど、次々と最年少記録を 塗り替えているそうだ。 これも石川プロと

同じように 凄い若者が出てきたものだ。 イタリアの神童と言われるはずだなぁ~

17歳のマッテオ・マナセロ選手、石川遼プロの19歳、実は、もう一人19歳がいるんだな。

そう、昨年のアシアンツアー・賞金王でもあり、遼クンと同世代で欧州ツアー1勝を挙げて、

“韓国の石川遼” と言われている、盧承烈 プロ 19歳 (ノ・スンヨル) も出場している。

10代で優勝実績のある三人を、マスコミは「10代対決」 なんて 報じているが、この若き

スター三人の対決も面白そうで、楽しみだなぁ~ 

欧州選抜のキャプテンを務めるコリン・モンゴメリーが 「彼らはみな若く、今後、世界を

舞台に戦っていく実力を持った選手たち。 敵も味方も胸を張って紹介できるメンバーだ」 

また 「史上最強のメンバー」 と言わしめる精鋭揃いとなっている。 よ~し 見に行くぞ~

ゴルフ用語    救済  (Relief)

修理地、障害物、カート道、カジュアル・ウォーターなどがプレーに影響を及ぼす時は、

ルールに従って救済  (二アレスト・リリーフ・ポイントから 1クラブ以内にドロップで

ペナルティーは付かない) を受けることが出来る。 

© 2012 田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! Suffusion theme by Sayontan Sinha