Ikuzo

 

いやぁ~ ハラハラ ドキドキのゲームって、こんな試合をいうのだろうなぁ~  藍ちゃんも後半追い上げ、一打差で迎えた18番、ヤニ ツェン選手に 三打目を ピン横10センチにつけられたら堪らないよなぁ~ あんなショットを 打たれたら仕方あるまい ・・・ 藍ちゃんも最後は笑顔だったなぁ~

彼女の大会二連覇、強かった! そして 凄かった! 完敗だ!

 

処で、ホンダとしては、米国のLPGA といっても 本音はアジアの選手に勝って貰いたかったんじゃないかな。 あくまで 小生の憶測だが、今年のタイ・ホンダとしては ゴルフツアーのスポンサーどころじゃない、そう思っていたんでは ・・・ 昨年 タイの歴史上 稀にみる大洪水で、自動車業界で 最も被害を 被ったのはホンダだった。 ホンダの工場は洪水で冠水し、昨年10月4日から操業が停止され、ようやく三月末に生産を 再開すると発表したばかりなのだ。

個人的には よくぞ スポンサーを 降りずに 継続してくれたと思う。

そして こんな 温かい話しも 聞いた ・・・

通常では 諸見里しのぶプロの今季開幕戦は 3月2日から始まる 「ダイキン オーキッド」だ。

が、それまでに 実戦経験を 積んでおきたい彼女は、2010年にも出場した今大会の推薦を関係者に打診していたんだな。 すると、たまたま 現在のホンダ・タイの社長が、諸見里プロが2009年に 「日本女子プロゴルフ選手権」 を 優勝した際、副賞の車のキーを手渡してくれた方だったという。 それを 知った社長は、縁は大切と 推薦を 押したらしい …

 

そんな行ないが、今回の理想的な素晴らしい大会に 繋がったのだろうな。 洪水でタイから部品供給が滞り、減産の影響を 受けているタイ以外のアジア諸国の工場に、四月までにすべて正常化する見通しがついたばかりだ … それを アジア各国の選手が応えるように、好成績を 挙げて、今年の 「ホンダ LPGA 2012」 は、上位の5位タイまでを アジアの国で占めてしまった!  アメリカの LPGA ツアーだぞ、これじゃ~ まるで アジアのLPGA だ!

優勝 ヤニ ツェン (台湾)、2位 宮里藍 (日本)、3位 申ジェ (韓国)、4位 エミー ヤン(韓国)、5位タイには、カン ジミン (韓国)、シャンシャン ファン (中国) と 続いた …

しかも タイ人選手も大活躍だった ・・・

 

小生 思うに、洪水も重なって、今年のホンダ LPGAが 一番 印象深く 良かったように思う。

 

今日のゴルフ用語
用語今日もお休み
用語説明

 

雷と雨天の為に 順延された藍ちゃん、第二ラウンドの残り

5ホールを 今朝に 終了した時点で、3バーディー・

1ボギーの70でプレーし、通算 7 アンダーで首位と4打差の

4位で第二ラウンドを 終えた。 暫定7位から 三つ順位を

上げて4位とは、気分も上々だったろう ・・・

これで波に乗ったか、第三ラウンドは 前半のアウトで二つ伸ばすと、後半に 入り一気に

加速を 見せ、10番 (パー5) と11番、更に 13番から3連続バーディを 奪い、8バーディ・

1ボギーの勢いだ! この日のベストスコアに 並ぶ 「65」 を マーク、通算14アンダーで

単独首位に 返り咲いて、2010年大会に 続くタイトル獲得へ王手を かけた。 いいぞぉ~

が、19日の最終日は 安心はできない。 通算13アンダーの単独2位には、この日 一緒に

廻ったヤニ・ツェン選手が、藍ちゃんと同じく 65 でチャージを かけ始めた。 3位タイには

二日目までトップだったカリー・ウェブ選手 (豪州) と実力者である申ジェ選手 (韓国)が

おり 5位タイには 通算11アンダーのエイミー・ヤン選手 (韓国) が続いている。 

そう、6位には 同大会の2007年に優勝しているスーザン・ペターセン選手 (ノルウェー) も

いるしなぁ~ 1位から6位まで、その差 僅か4打差の激戦だ。 振り返ると、2010年が

藍ちゃん、2011年がヤニ選手と、最終日に 優勝を 狙う6人の中に ディフェンディング

チャンピオンが三人もいるんだなぁ~ いやぁ~ 最終日が 一層 楽しみになってきたぞぉ~ 

でも タイという国は、なんてエンターテイメントな国なんだろう ・・・ 毎日 タイ出身の

若い選手が大会を 盛り上げている。 一日目は、23歳のヌマ・ガンヤラナミッタ選手が、

3アンダーで堂々の7位発進だった。 二日目は、22歳のポーナノン・ファトラム選手が、

七つスコアーを 伸ばして、7位タイに入っていた ・・・

そして 三日目は、アマチュアのアリヤ・ジュタヌガン選手が、通算9アンダーの7位タイと

躍進している。 彼女は16歳でジュニアのホープだ! (写真上) 毎日 タイ人選手が7位に

入っているなんて、打合せを しても出来ることではないぜ (笑)。 実力もなければ

できないことだ。 しかも 相手は世界のトッププロだぜ。 これは凄いことだと思う。 

優勝の行方も気になるが、最終日の三人の成績も気になるよなぁ~

ゴルフ用語      今日はお休み

 

二日目のホンダ LPGA は、雷と悪天候の為に 試合中断があり

14選手が競技を 終了することが出来なかった。 今の時期に

雷でサスペンデッドなんて珍しいよなぁ~ 

午後2時に 一度目の中断となり、1時間28分後に 再開され、

更に 同4時58分にも再び雷に よる中断が入り、14人がホール

アウトできないまま 同5時15分に サスペンデッドが決定したんだ。 第2ラウンドの残りは

今日の午前7時30分に 再開し、引き続き第3ラウンドが行なわれる予定だ … … 

さぁ~ このサスペンデッドが、誰に どう 味方するかなぁ~  宮里藍プロは 13番終了、

5ホールを 残して 2バーディー1ボギーの通算6アンダーで 暫定7位に 後退している。 

明日は 23ホールのラウンドか~

ちょっと 不利のような気がするなぁ~ 暫定ではあるが、藍ちゃんより上位に入った強者、

申ジェ・ヤニ・ツェン選手らは、大きくスコアを 伸ばしながら、18ホールを 終えている。

通算10アンダー暫定単独首位に 立ったのは、12番(パー3)でホールインワンを 記録した

カリー・ウェブ選手 (オーストラリア) だ。 4ホールを 残しているが、14ホールを

終えて6つも伸ばしている。 これは大きいぞぉ~  藍ちゃんは一つだけ伸ばしている。

さて昨日 話題を 振りまいていたのは、タイ人プロ ポーナノン・ファトラム選手22歳だ!

七つスコアーを 伸ばして、7位タイに入っている。 実は 今大会、 前年の賞金ランキング

上位60名に 推薦出場選手10名を 加えた計70名が参戦しているが、10名の中に 諸見里

しのぶプロや地元のタイ人アマチュア ゴルファーとプロの6名が、推薦枠で出場している …

ファトラム選手は 昨年も推薦枠で出場し、通算2アンダーの13位タイと、藍ちゃん達より

上の成績を 残している。 その愛くるしい素顔と小柄な体から繰り出すショットは、「タイの

藍ちゃん」 と 噂され始めているらしい。 三日目以降は 彼女にも 注目だ! (上の写真)

二日目を 終わり、宮里美香プロは 通算イーブンの26位、諸見里しのぶプロは

2オーバーの47位、上田桃子プロは、3オーバーの52位に いる。

ゴルフ用語      ボギー (Bogey)

規定打数のパーよりも 1打多いスコア。  2打多ければ、ダブル・ボギーとなる。

 

素晴らしいなぁ~ 藍ちゃん! 第一日目、アンダー5のトップでラウンド終了したのも 勿論だが、英語が 凄く上手くなっている。英語でのインタビューなんか 聞いていると、藍ちゃんじゃ ないみたいだ! 沢山の日本人アスリートたちが 世界で活躍しているが、藍ちゃんの英語は トップクラスだろうなぁ~  いつの間に …が、気がつけば 宮里藍プロ、米国ツアーで参戦するのは 今季で7年目だそうだ。 そうか、7年も米国暮らしだったら、英語も上手くなるかな。 7季目も 今年の目標は 「年間最優秀選手」 と 「メジャー大会制覇」 だという。 オフの間に アイアンの精度を 上げることに集中して取組んできた甲斐あって、16番のチップイン バーディと ピンチを 迎えた18番のピン横10センチは光っていたなぁ~ 一緒にラウンドしたポーラ・クリーマー が、ホール インワンを 出しても、なんのその、という感じだったよなぁ~ 試合前 ショット、パット共入念に チェック、仕上がりは まずまずの感じで、コースコンディションもいい、と 言っていたが 第一日目を 見る限り その通りになっている。 藍ちゃんの二日目以降が楽しみだ!

宮里美香プロは、イーブンの26位タイ、上田桃子 / 諸見里しのぶプロは、共に2オーバー43位タイで 終了している。 藍ちゃんとの差は 7打差だ、まだ まだ 分からない ・・・

考えてみれば、今年の日本は 豪雪と寒さで ゴルフどころではないようだが、このタイのホンダツアーを はじめ、海外では 2012年のゴルフ ツアーが、同じ16日 今日から スタートしており 多くの日本人選手も 参戦している。

ロスアンジェルス・ビバリーヒルズの高台に あるリビエラCC で開催される (日本では明日)ノーザントラスト・オープンでは、石川 遼 / 池田勇太 / 今田竜二プロが 出場する。

インドのニューデリーに あるDLFゴルフ&カントリークラブで開催される、欧州ツアーでアジアンツアーとの共催となるAvanthaマスターズでは、平塚哲二 / 丸山大輔 / 片岡

大育プロの3名が参戦だ!   2012年の戦いは、すでに 始まっている ・・・   

ゴルフ用語      砲台グリーン (Elevated green)砲台のように グリーンが、フェアウエーより一段高く盛り上がるように 造られたグリーン。

 

“タイはゴルフ天国” と言われて、随分と 久しい ・・・

大都会バンコク市近郊 二時間以内に、100前後の本格的な

個性豊かなゴルフ場があり、ゴルファーに合ったコースが

選択可能で 気軽にラウンドできる。 小生は バンコクの

中心地に居を 構えているが、ゴルフでプレーすることだけを 考えたら、シラチャー辺りに

住むのが、一番 適していると、常々思っている。 シラチャーのゴルフ場は勿論、パタヤへ

30分、バンコク近郊のコースにも行けるし、スワンナプーム国際空港も近いと、きている。 

今は 日本からのゴルファーも、シラチャー・パタヤ方面に 直接 来てしまう人も沢山いる

くらいだ。 そして 素晴らしい名門コースも多い ・・・

そんな思いの中 案の定 と言おうか、パタヤ市がアジア・オーストラリア・ニュージーランド

地域の中で、 “2012年アジア&オーストラリア最優秀ゴルフ都市大賞” に

選ばれたんだな! これは 国際ゴルフ ツアー オペレーター協会が、トルコのイースタン

ブールで 世界56カ国、400以上のトラベル エージェントを 集めて、開催された国際会議で

決まったこと、ゴルフ天国を 自他共に認めているタイ国にとっては名誉ある大賞だぁ~

 

パタヤには、日本人が一人でも参加できる欧米人ゴルファーのコミニュティが、結構 あって

ここでプレーを 楽しんでいるロングステイヤーや旅行者も多い。 そんなコミニュティを、

存在させ このパタヤ エリアのゴルファーがエンジョイできるのも、ゴルフ場のオーナーや

支配人の連帯感が そうさせるのだと、常々 思っていた。 バンコクや他の市と違って、実に

パタヤのゴルフ場間のオーナー・支配人のチームワークが素晴らしい。 今年で5年目を

迎え成功している 「パタヤ ゴルフ フェスティバル 」 等、このチームワークの賜物だろう …

そう、今日からサイアム CC で開催される 「ホンダ LPGA 2012」 も、パタヤのゴルフ場と

タイのゴルフの素晴らしさを 世界にアピールしているんだろうな。 

パタヤのゴルフ関係者の皆さん!  最優秀ゴルフ都市大賞、おめでとう!!

ゴルフ用語      ホーゼル (Hosel)

クラブヘッド と シャフトを 取り付けるソケットのこと。

 

「ホンダ LPGA 2012」 に 参戦の為、宮里藍プロら 外国人

選手が 続々と タイにやって来ている (嬉)。  今日は

プロ / アマ 戦かな。 そんな中 石川遼プロは、16日開幕の

「ノーザントラスト オープン」 に スポット参戦する為、既に 羽田空港から米国に 飛び

立っている。 そして 昨日 新たなゴルフ世界ランキングが発表された。 石川遼プロは

前週と 変わらず53位であった為、この週の上位64選手に 与えられる 「アクセンチュア

世界マッチプレー選手権」 の出場権も 獲得できたわけだ。 日本選手の出場は石川遼クン

ただ一人。 当然だよなな、谷口徹プロは74位、藤田寛之プロは79位、池田勇太プロは

96位だものなぁ~   同世界選手権は22日、アリゾナ州で開幕する。

これで 今後 マスターズまでの試合出場スケジュールが見えてきたな。 こんな感じだろう …

1) 2月16日~19日: ノーザントラスト オープン

2) 2月22~26日 : WGC アクセンチュア マッチプレー選手権

3) 3月8日~11日: WGC キャデラック選手権

  (但し 2月27日、または3月5日発表の世界ランク50位以内に入ることが出場条件)

4) 3月15日~18日: トランジションズ選手権

5) 3月22日~25日: アーノルド・パーマー インビテーショナル

6) 4月5日~8日 : マスターズ

  (但し 3月26日発表の最新世界ランクで50位以内に入ることが出場条件)

現在 試合が決まっているのが、1・2・4・5 の4試合だ。 この間に戦績を 上げて、6 の

マスターズ出場へと持っていきたいワケだよなぁ~ なんとか頑張ってほしいよなぁ~

米国でプレーするのに、なんで そんなに遼クンの試合に 拘るのか、って? … … だって、

彼は、小学校の卒業文集に 「20歳でマスターズ優勝」 と 記しているのは 知ってるよな。

それが 今年なんだぞ! 彼の夢に少しでも 近づけてあげたいじゃないか! ・・・

大志を 持って走り続けてきたが、今年 夢舞台へのチケットを 持たずに 米国に 行くのは、

初出場した2009年以降 初めてのことなんだ!  出場できるか、心配なんだよなぁ~

ゴルフ用語      ポスチャー (Posture)

構えた (セットアップした) 時の姿勢。

 

今月初めからスタートした新シリーズ 「クラチャンの練習法と

タイの練習場」 の今日は6回目だ。 一回目は ここで …

クラチャン (ハンディキャップ 0~3 の人ばかり )  の

練習方法は、きっと 読者のゴルフにも 参考に なるはずだ。

近藤 雅英 (こんどう まさひで) さん   相模湖CC  <神奈川県> 

ハンディキャップ 0

<練習法>  コースでは最後まで、振り切ることを 意識するだけです!

ラウンド中は、どんなに 調子が悪い時でも、クラブを 最後までしっかり振り切ることしか

考えていません。 スイングを あれこれチェックしながらラウンドする人がいますが、

それだと部分的な動きは良くなったとしても、体全体の動きが止まりがちになりますからね。

それよりも振り切ることだけを 考えたほうが、いいスイングに なって好結果を 招いて

くれます。 ですから 練習でも常に フィニッシュの形を 意識。 いい球が出たときの

フィニッシュの形を 覚えておいて、コースではその形に 収めることだけを 考えるように

しています。

<練習場> プロAM ドライビング レンジ

ラチャダピセーク通り、地下鉄のファイクワーン駅とスティサン駅のソイ18に入り、約400

メートルほど歩き、道なりに右に 曲がると その先にある練習場。 1階、2階で100打席

あるが、RCAや42ティーオフに 較べると韓国人が目立つかも知れない。 レッスンプロも

韓国人が多く、この近辺に多く住んでいる人達だろう。 

ゴルフ用語      ボール マーク (Ball mark)

グリーン上にボールが落ちた時に、出来る小さな窪みで ピッチマークとも言う。 

ボールマークは 必ず直すのがマナー。 ボールマークを 直す為の小さなフォークの

ようなものを グリーン・フォーク (和製英語) と 言う。

 

いやぁ~  早いよなぁ~  実は、田井幾三の当ブログも 

今日で500回目を 迎えたんだ! そんな区切りも あって、

また 誰も祝ってくれないので、今日は 自分で祝いながら

ゴルフの話しではなく、当ブログの話しになってしまうが、

ご勘弁を 頂こう・・・ お許し願いたい。

2010年の10月1日にスタートした当ブログも、たびたびの誤字・脱字・勘違い など あるにも

拘わらず、「皆さんに 読んで頂ける」 というモチベーションを 貰いながら、こうして500回

まで 一日も休まず更新できている。 改めて 御礼申したいなぁ~  本当にありがとう!

まぁ~ この間、なんとか パソコンも 小生自身の体も 壊れなかった、ということかな (笑)。

風邪を 引いて寝込んでも 更新できないものな。 今まで 至って健康なので助かっている。

現在 当ブログを 毎日 アクセスしてくれる読者は230名前後いるらしい。 ある読者から

一度 顔を 見せろ、なんて言われてしまっている。 出すような顔じゃぁ~ないので、上の

マンガのおっさんを 想像して頂くと、田井幾三らしくていいかも知れないな (苦笑) 

こうして 毎日 タイのブログを 書き込んでいるブロガーは少ないらしい。 「タイでゴルフ

友達になりましょ」 の長一さんのブログも 毎日 更新されているが、今では有料になって

しまったので、当ブログの読者の方が多いかも知れないな。 

長一さんのブログ、有料になる直近の読者数は1,000人を 超えていたという。 田井幾三の

当ブログも ここまで読者が増えたら嬉しいなぁ~  自慢じゃないが、無料では 毎日 タイの

ゴルフについて更新しているのは、当ブログだけだぞ。 タイのゴルフ ファンに 田井幾三を

紹介してくれると、嬉しい限りだ!   今日は ホント 自分のブログの話しだけになって

しまったな ・・・  また 明日からゴルフの話しに戻るので宜しく! 

ゴルフ用語      ベント グリーン (Bent Green / Bentgrass Green)

メージャーのトーナメントは ほとんどが ベント グリーンで行われる。 早くて

スムースなグリーンができ、バーミューダや高麗芝のグリーンより 質の高い

グリーンだと考えられている。

 

バンコク近郊のレイクウッドCC で行われていた、今季の

アジアン女子ツアー第3戦 「タイ レディス オープン」 が

終了した。 優勝は 7位タイからスタートした地元 出身の

ノンタヤ・スリサワン選手 24歳 … 最終日を 8バーディ

1ボギーの65でプレーし、通算9アンダーまで伸ばして

逆転優勝を 飾った。 彼女は 米国とアジアでプレーしているタイ人女子ゴルファーで

一度 同ブログでも紹介している。

開催国はタイだったし、彼女が優勝で良かったんじゃないかなぁ~  

同大会、海外選手が 90名、タイ人選手 35名、アマチュア選手 5名の130名のエントリーで

あったが、日本人プロも30名参戦していたので、ひょっと すると 日本人が優勝するんじゃ

ないかと見守っていたんだ。 30名の中には 日本ツアー通算10勝している木村敏美プロや

昨年 何度もトップ争いに 顔を 出しながら措しくも 優勝を 逃がしていた美人ゴルファー

青山加織プロ (写真上) も参戦していたからなぁ~  

特に 青山プロ、12月と1月は 体づくり中心に 準備を してきて、1月末にはタイに入り、

タイでは 午前中 ジムでトレーニングを 行ない、午後からラウンドといった形で実戦練習も

十分に行なっていたという。 日本ツアー 開幕前に 試合がしたく 今回のタイ レディス

オープンに 参戦したらしい。 実は 青山加織プロのように、1月末からタイへ来て 合宿を

行なっていた 女子選手が 何人もいたんだ。 寒い日本でトレーニングを やるより、ずっ~と

いいと思うよなぁ~ これで また タイでゴルフ合宿を 行なう女子プロも増えるぞぉ~ (嬉)

さて、タイ レディス オープンの戦績だが ・・・ 日本人選手の最上位は、6位の堀奈津佳

プロ、13位タイに福田裕子プロ / 森美穂選手、そして 20位タイに青山加織プロが続いた。

33位 綾田紘子  36位 / 向山唯 / 鎮西まゆみ  45位 木村敏美 / 本多弥麗 

56位 郷原美穂プロ

予選落ち  三橋里衣 / 池内絵梨藻 / 田中美弥子 / 大堀薫 / 多田純子 / 横山倫子 /

      山本さやか / 水谷真規子 / 石田由梨佳 / 河本美津子 / 市來美和 / 林佳世子 /

      福嶋浩子 / 三津桃子 / 香山麻央 / 永井眞珠 / 池村美香 / 西山泰代 / 宮田聖子

      安居愛 プロ ・・・(ご存知の女子プロがいるかも知れないので全員を 列記した)

ゴルフ用語      ベリー パター (Belly Putter)

標準的なパターより シャフトの長い中尺パター。

 

パー5で、いかに バーディを 獲るか、獲れるか、ここも

ゴルフの面白さを 堪能させてくれる一場面だろう。 まして

2オン なんて しようものなら、プロ ゴルファーの真髄に

触れることが出来るようなぁ~ それには 飛距離が必要だ!

ここまでドライバーに拘るかと 思う石川遼プロも、毎年 開催されるドラコン日本一決定戦に

参戦しながら飛距離を 争っている。 いかに 2オンさせるか、プロ ゴルファーでも永遠の

テーマであるんだろうなぁ~ 優勝に 飛距離のアドバンテージを 最大限に生かしたいのだ。

昨年の日本男子ツアー ドライビング ディスタンス1位に 輝いたカート・バーンズ選手は、

パー5での2オン率でも 29.17%で1位だったという。 2位のブレンダン・ジョーンズ選手が

19.62%だから 断トツの1位だ。 しかも 29.17%の数字は、歴代でもトップとのことだ。

パー5を 10ホール ラウンドしたら3回は、2オンしている計算か …  正確性も必要だな。

パー5での2オン率は、2004年から計測されているらしいが、ここに

日本男子ツアーの歴代ベスト5のデータがある。

  2オン率     選手名と年度       パー5ホール数  2オンホール数

1 29.17%  カート・バーンズ (2011年)      120         35

2 22.08%  ディネッシュ・チャンド (2005年)   317         70

3 20.19%  宮里優作 (2005年)          322         65

4 20.10%  伊澤利光 (2004年)          199         40

5 19.73%  石川遼 (2009年)            294         58

バーンズ選手の出場が10試合と少ない面もあるが、それでも断トツで 驚異的な数字だ。

昨年 優勝したANA オープンでは、パー5だけで1イーグル・12バーディの14アンダーと

稼ぎまくっていた。 まさに、飛距離のアドバンテージを 最大限に 生かした優勝だった。

が、我々に とっても、2オンは ゴルフの醍醐味を 感じさせてくれるよなぁ~

ゴルフ用語      ベースボール グリップ (Baseball grip)

10 フィンガーグリップのことで、野球のバットを握り方に似ているのでそう呼ばれる。

© 2012 田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! Suffusion theme by Sayontan Sinha